損をしないマンション売却|相場を比較して業者を選ぶ

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンの残った自宅を売る

お札

専門知識が必要

住宅ローンの返済ができなくなり、家を失ってしまうケースは、全体の1割にもなると言われており、大阪でも珍しいことではありません。差し押さえられ、競売にかけられると損失が大きくなります。早めに任意売却すれば、今後の生活の再建が楽になるというメリットがあります。普通の不動産業者では、住宅ローンの残った自宅を売ることはできません。任意売却は専門の業者に依頼する必要があります。任意売却に詳しい弁護士や司法書士もいますが、不動産の売却をするには宅建業の免許が必要であり、専門分野は別になります。大阪の任意売却業者は不動産の専門家であるとともに、弁護士や司法書士と連携して、スムーズな任意売却手続きを行なっています。

同じ家に住みつづけるには

任意売却をすれば原則としてマイホームを手放すことになります。しかし大阪ではリースバックや買い戻しに対応している業者もあります。リースバックとは、一旦任意売却で手放した後で、家賃を払って同じ家に住みつづける制度です。また別途ローンを組んで家を買い戻すという方法もあります。マイホームに強い愛着がある、子どもの校区を変更したくないなどの理由があるとき、こうしたプランが役に立ちます。どうしても売却先が見つからないときは、自社で買い取りをしている任意売却業者もあります。大阪の専門業者では、売却方法や生活再建方法に関して、さまざまなプランが用意されています。住宅ローンの返済に困ったら、気軽に相談してみることをお勧めします。