損をしないマンション売却|相場を比較して業者を選ぶ

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンの残った自宅を売る

お札

大阪でも住宅ローンを滞納して家を手放すケースが少なくありません。専門業者に任意売却を依頼すれば、売却後の生活再建が楽になります。リースバックや買い戻しなどで、売却後も同じ家に住みつづけられる制度もあります。

詳しく見る

探すのが困難ならば業者に

家

枚方にある多くの不動産屋さんは、宅地建物取引の資格を持っていて不動産の売買の仲介を行っています。自分で土地を探し出すことが困難な人は、これらの業者に仲介を行ってもらい、自分が希望する土地の購入をすることになります。

詳しく見る

良い環境が整っている

戸建て

西東京市は田無駅やひばりヶ丘駅などの駅が設置されていて、各駅の周辺には住宅関連の施設が多く建設されています。ひばりヶ丘駅の周辺は生活環境がとても良く、快適に暮らせる地域です。西東京市には中古の不動産物件も豊富に存在しています。

詳しく見る

マンションの売却

外観

不動産を売却するなら今

マンション売却を検討しているなら、今がいいタイミングと言われているようです。東京オリンピックが決まったり、消費税が上がったりして、新築マンションの相場があがっているため、中古マンションの相場も同じように上がっているというのがその理由です。消費税の増税が決まる前に購入したマンションが、今このタイミングで売却すると買ったときの価格と同じくらいや、それ以上の価格で売却できたという事例もあるようです。マンション売却で儲けが出る可能性があるので、今売却したいという人が増えているというわけです。マンション売却の流れとしては、まず仲介業者に買い手を探してもらうところから始まるのですが、損をしないために色々と注意が必要です。

売却で損をしないために

マンション売却の際に損をしないためには、必要以上に急がないということです。売り急いでしまうと、相場よりも安く売ってしまうことがあるので、気を付けるべきでしょう。まず重要なのは周辺のマンションの価格を調査して相場を知ることです。また仲介業者にマンションの査定をしてもらう際には、複数の会社に依頼するのがおすすめです。なお、複数の業者に仲介を依頼できる一般媒介契約と、一社のみに仲介を依頼する専任媒介契約があるので、ご自身の都合やマンションの状態とあわせて選択するべきです。一見、一般媒介契約の方が間口が広がるように思えるかもしれませんが、専任媒介契約の方が、広告・宣伝などに費用をかけてくれる場合もあるようです。